IR事業をめぐり、カジノ禁止法案を年明けの通常国会で提出

立憲民主党の安住淳国対委員長は25日、政府が進めるカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐり、自民党の秋元司衆院議員が収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕されたことを受け、カジノを禁止する法案を年明けの通常国会に野党合同で提出する考えを明らかにした。秋元容疑者は内閣府副大臣でIRを担当した平成29年8月以降、日本でのIR事業への参入に関心を寄せていた中国企業側から、現金数百万円を受け取った疑いが持たれている。

みんなのツイート