菊池涼介内野手、広島残留を表明。メジャー移籍実現せず

ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指していた菊池涼介内野手(29)が27日、マツダスタジアムで会見を開き、来季も広島に残留すると表明した。「ポスティングを認めてもらって、残りわずかな時間となりましたが、本日、カープ球団と残留の交渉をいたしまして、残留することを決めました。ファンの皆様また来年からよろしくお願いします」と自ら切り出した。そりゃ(自分も)出たいですよね」と話していた東京五輪出場も現実味を帯びてきた。その中でFA市場の動きが遅いこともあり、この状況が続くのであればやはり僕の思いをくんで、快く出してくれたカープ球団に早く伝えた方がいいなという決断に到りました」とカープ愛を強調していた。

みんなのツイート