不謹慎かもしれないがかっこいいと思った。大黒摩季、離婚の心境告白

2003年11月に1歳年下の一般男性と結婚した大黒は、10年に音楽活動を休止し、子宮疾患と不妊の治療を行ってきたが、15年に子宮を全摘出した。昨年の始めに離婚に合意。一緒に生きていこうという声をかけてもらったというものの、彼が友達や親戚の子どもをあやしている姿を見られなかったと離婚を決意した経緯を語った。 元夫の新しい家庭に子どもが誕生したことを「本当にうれしい」と柔らかい表情で語った大黒は、この日の出演を決意した理由について「私が守りたかったのは、ささやかな彼(元夫)らの生活。私は選んだ道だけど、生まれてきたおチビは、大黒摩季おばちゃんなんて知らない。私がハンコを押して、お互いにかわしたその日が離婚の日だから、私は不倫じゃないと思っている。

みんなのツイート